沖縄国際洋蘭博覧会2019-アプリコット色の可憐で美しいテーブルはアルメニア共和国

沖縄国際洋蘭博覧会-アルメニア共和国

 

毎年恒例の沖縄蘭展、今年も5ケ国をお花でテーブルアレンジをさせて頂きました。
イタリア
コスタリカ
アルメニア⇨今ここ
レバノン
キューバ
です。

今回はヨーロッパとアジアの間に位置するアルメニア共和国のテーブルをご紹介。

キリスト教を国教とした最初の国で宗教建造物が有名。古来よりワイン製造が盛ん。

冬は厳しい寒さのため、杏、プラム、ザクロなどの保存食も知られています。
そして女性は美人が多いことでも有名です。

全体をアプリコット色にまとめ、可憐で美しいテーブルに仕上げました。

 

関連記事

  1. 沖縄国際洋蘭博覧会イタリアのテーブル テーマは「仮面舞踏会」…

  2. 布花入門クラスの最初の作品はキラキラコサージュ

  3. 黄金色のミモザで新春の光と共に降り立つ天使のテーブルをつくり…

  4. パドドゥ8期教生卒業花展「幸せを紡ぐテーブル」レポ①

  5. オドラント 市川薔薇園 ODRANTES 生花 デモンストレーション

    ODRANTESオドラントの生花デモンストレーション

  6. 沖縄国際洋蘭博覧会2019-大使夫人からお褒めのお言葉を頂い…

2017年10月以前のブログはこちら