【布花づくり】ペップの数の基本

布花 ペップ グロス 数え方

布花の花芯づくりに欠かせない「ペップ」

 

布花の本やレッスンで、ペップの必要本数が表示されていることがあります。
 
販売されているペップのほとんどは束になっていて、外袋に本数は書かれていません。

布花 ペップ グロス 数え方

一体、何束購入すればいいのか解りにくいですよね。

そこで、ペップの入り数について解説します。

 

束の単位はグロス。
グロスとは数量の単位で12ダース(144)のことです。

ペップは先端の粒の数をカウントします。
1G(グロス)=144粒です。

 

ペップには 両端に粒が付いているタイプ(両付きペップ)と片方にだけ粒が付いているペップ(片付きペップ)があります。

片付きペップ

布花 ペップ グロス 数え方

 

両付きペップ

布花 ペップ グロス 数え方

片付きペップの場合=144本(144粒)が1G(グロス)です。
両付きの場合=72本(144粒)が1G(グロス)です。

画像のペップは袋の表示が10G(グロス)で 両付きペップが5束入りです。

布花 ペップ グロス 数え方

5束入りで10グロスなので、1束は2グロスとなります。
両付きペップですから1グロスが72本。
1束が2グロスでしたので、72×2=144本です。

 

実際に両付きペップ2G(グロス)を数えてみました。

布花 ペップ グロス 数え方

10本×14組+4本+α=144本+α
少し多めに束ねられていましたが144本は確実にあります。

 

両付きペップを約50本と言われれば、2グロスのペップであれば約1/3束ということになります。
わざわざ数えなくても済みますね。

 

  • ペップの数え方は先端の粒の数をカウントする
  • グロスの単位は144
  • 片付きペップと両付きペップがある
    以上のことを、覚えていれば数量の計算をしやすくなります。
     

 

もちろん例外もあります。

下の画像のようなワイヤーペップはグロスではなく、「520粒」などの表記で販売されています。

布花 ペップ グロス 数え方

ペップは本当にいろいろな種類があるので、ついついコレクションが増えてしまいます(^_^)

関連記事

  1. ベストフラワーアレンジメント秋号掲載♪秋の色と香りを楽しむ美…

  2. 布花 ひまわり ドライフラワー風 レッスン 神戸 フラワーアンジェリク

    【布花レッスンレポ】あの名画の向日葵のようです

  3. フラワーアレンジメント お祝い花 開店祝い お祝い花 芍薬 百合

    想いが繋がるお祝花

  4. 布花 ブローチ 薔薇 レッスン 神戸 フラワーアンジェリク

    【布花レッスンレポ】たくさんの小花を集めて乙女ブローチ

  5. 布花のクリスマスはホワイト柊リース

  6. 大好きなあの方をインスパイアするフラワーレッスン♪Ken’s…

2017年10月以前のブログはこちら