布花コテ板はやさしく包んで使います

布花のお道具のひとつ コテ。

 

コテはアイロンのように高い温度で使うお道具です。

 

アイロン台にあたるものがコテ板です。

 

アイロン台は布でカバーされているように、コテ板も布でくるんで使います。

 

たまに、コテ板をカバー無しで使っている様子を見かけますが、おすすめしません。
・・・というか、コテ板が溶けないのかな?って気になります。

 

高温によるコテ板の傷みや 作業の汚れから守るために天然繊維の布でくるんで使いましょう。

 

安全ピンでとめておけば、ずれなくて使いやすいでしょう。

丁寧な生徒様は縫い留めて使っています。

私は・・・( *´艸`)・・・マイテイルダケヨ、アンゼンピンモナイヨ。

 

くるむ布は、コットンや麻など天然繊維であれば何でokです。

余り切れやハンカチでもいいですよ。

無地のほうが気分的にはスッキリします。

 

ダイソーのBANDANA(黒)がおすすめ。

サイズといい、布の厚みといい ぴったり

 

近所のダイソーではなかなかこの黒のバンダナを見かけないので、見つけるとまとめ買いです(笑)

 

布花の基礎の基礎、お道具の使い方から説明するレッスンはこちら♪

http://flowerangelique.com/nunobana-1253/

関連記事

  1. サロンから見える神戸の山

  2. シノワズリーなアレンジに大切なことは・・・

  3. 布花入門クラスの最初の作品はキラキラコサージュ

  4. 沖縄国際洋蘭博覧会のエルサルバドルテーブル

  5. 布花フラワーボードを金沢21世紀美術館に

  6. ここにしかない花ここにしかないレッスン 〜美しいテキスト

  7. 画伯すぎるイラスト( *´艸`)

  8. 春爛漫 小鳥のキャニスターアレンジメント

  9. 布花胡蝶蘭を制作中 ワイヤーを入れて自由に羽ばたきます

  10. 【布花体験レッスンレポ】布花の世界も奥が深い!ラナンキュラス…

  11. 羽生結弦さんの美学

  12. 【布花レッスンレポ】少女の頃を思い出す白詰草の髪飾り…